DVを原因とする離婚

法律上、協議離婚ができない場合でも「婚姻を継続し難い重大な事由」がある場合は訴訟で離婚することが認められています。
DVがある場合は、離婚が認められるケースが多いでしょう。

法律の規定

離婚をする場合、一般的なのは協議離婚ですが(民法763条)、法律に定められた離婚原因があれば、訴訟を提起して離婚することができます。
民法770条には、離婚原因として「婚姻を継続し難い重大な事由」というものが定められており、DVの場合「婚姻を継続し難い重大な事由」があると認められるケースが多いでしょう。

離婚するための手続き

離婚するための手続きとしては、主に協議離婚、調停離婚、裁判離婚の三種類があります。

協議離婚(民法763条)は、当事者の話し合いで離婚することに合意し、離婚届を作成して役所に提出し、受理されれば離婚が成立します(民法765条)。
未成年の子どもがいる場合は、子どもの親権者について離婚届に記載する必要があります。
協議離婚の場合でも、離婚する際の条件(養育費・財産分与・慰謝料などの金銭の支払など)について決めておくことが望ましいのですが、DVの場合にはとにかく離婚することと親権を決めるということが最優先となり、金銭の支払いについてはとても言い出せない、というケースも多いと思われます。
その場合には、両親に間に入ってもらったり、弁護士などの代理人を立てたりするなどの方策を考えるべきでしょう。

当事者同士の話し合いができない場合や、話し合っても合意に達しない場合は、法的手続を利用することになります。
法的手続としては、離婚調停と離婚訴訟があります。
離婚の場合は、いきなり訴訟を提起することは原則としてできず、まず、離婚調停を申し立てる必要があります(調停前置主義といいます)。
調停では、家事審判官と調停員2名(男女1名ずつ)の仲立ちのもと、離婚についての話し合いをします(離婚調停)。
当事者が合意に達したときは調停が成立し、裁判所のほうで合意内容を書面にして、調停調書という書類を作成します。
調停調書は判決と同様の効力があり、仮に、当事者の一方が合意に反した場合には強制執行が可能になります(ただし、努力義務などの定めや、強制執行になじまない内容については、強制執行できない場合もあります)。
調停は、当事者間の合意により成立するもので、当事者の一方が拒む場合は、調停は不成立となります。

調停が成立しない場合は、離婚訴訟を提起することになります。

離婚訴訟での離婚原因

協議離婚や離婚調停の場合は、法律上離婚原因があるかないかということにかかわらず、合意すれば離婚することができます。
しかし、離婚訴訟では、相手の意思に関係なく裁判所の判断で強制的に離婚を認めるというものですから、法律で定められた「離婚原因」が認められなければ離婚の判決はもらえません。

民法の規定では、離婚原因として以下のものが定められています。

  1. 配偶者に不貞な行為があったとき
  2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき
  3. 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

DVは「婚姻を継続し難い重大な事由」に含まれると考えられます。
特に生命や身体に危害を及ぼすような暴力の場合は、「婚姻を継続し難い重大な事由」があると認められるでしょう。
また、これにあたらない暴力や、いわゆる「言葉の暴力」でも程度によって離婚原因があると認められると考えられます。

慰謝料・財産分与・養育費などお金の問題について

離婚の場合は、慰謝料・財産分与・養育費などの請求ができる場合があります。

慰謝料というのは、相手の不法行為によって精神的な損害を受けた場合に請求できる損害賠償のことです。
DVが認められるケースでは、被害者は多大な精神的な損害を受けたと考えられますので慰謝料が請求できます。

財産分与とは、婚姻期間中二人で協力して築いた財産を、夫婦で分けるということです。
妻が専業主婦の場合でも、妻が、炊事・洗濯・育児など家事を担っているから、夫が安心して外で働けるのであり、財産の形成に対する貢献があると認められています。
その割合については、本来半分とするべきとも考えられていますが、3~4割程度となることが多く、共働き、自営業で妻も手伝っている場合などは、半分とされるケースが多いようです。

養育費は、子どもにかかる費用を、二人の経済力に応じて負担するというものです。
通常、夫のほうが経済力のあるケースが多いので、夫から妻に対して、収入に応じた金額を支払います。
これについては、基準があり、夫と妻の収入を元に計算されます。

婚姻費用

別居中・離婚調停中・離婚訴訟などの場合でも、法律的にはまだ婚姻関係は続いていることになります。
この場合、生活費(法律用語では「婚姻費用」といいます)の請求をすることができます。
婚姻費用額は決まった計算方法があり、これに従って計算されることが多いです。
ただし、当然のことですが、離婚が成立した場合には婚姻費用は請求できませんので、専業主婦の場合は離婚成立後の生活を考えなければなりません。

裁判離婚の場合の注意点(暴力の証明)

DVの場合は、離婚原因があると認められる場合が多いと書きましたが、訴訟においては、訴訟でDVがあったと認められるには、証拠が必要です。
DVの証拠としては、以下のようなものが考えられます。

  • DVにより受傷したときに医療機関で治療を受けた場合、その診断書
  • 体のあざや怪我などの写真
  • 家具や什器が壊された様子の写真
  • DVを受けているときの録音・録画テープなど
  • DVの状況を記録した日記など

これらは、相手に見つかった場合、証拠を破棄されたり、DVがひどくなったりすることも考えられますので保管には十分な注意が必要です。
実家や信頼できる友人、弁護士事務所などで保管してもらうことも考えるべきでしょう。
また、実際にDVの被害を受けている最中には、被害者側でるのに、悪いのは自分だと思いこんだりして、DVを受けているという自覚がない場合もあります。
そうすると、当然ですが離婚訴訟となることを前提に証拠を残すなどという考えは湧いてこないものです。
このような場合には、後から自分で陳述書を作ることもできます。

民事裁判における被害者保護

離婚や慰謝料等を求め裁判になった場合、法律で被害者保護の制度が定められています。

具体的には、当事者として裁判所で証言をしなければならない場合に、以下のような制度の利用が考えられます。

  1. 証人に適切な付添人を付き添わせる(民事訴訟法203条の2)
  2. 証人尋問の際に、証人と当事者本人や傍聴席の間についたてなどで遮蔽する(同条の3)
  3. 証人尋問を証人のみ別室においてビデオを利用する方法で行う(同条の4)

これら制度も、裁判所がさまざまな事情を考慮してこれら制度を利用するかを決定するため、申入れがあったからといって必ず利用されるものではありません。

また、離婚などの家庭裁判所における人事訴訟において、証言の内容が家庭内における私生活上の重大な秘密に関するような場合で、公開の法廷でその内容を述べることで社会生活を営むのに著しい支障を生ずるような場合には、当事者の尋問自体を公開しない(傍聴人による傍聴を許さない)ですることができるとされています(人事訴訟法22条)。
長年にわたる激しい性的虐待を原因として離婚を求めているような場合で、法廷でその性的虐待の内容を陳述することを求められるような場合などに利用することが考えられます。

ストーカー被害の解決は

お気軽にご相談ください。

ストーカー被害の解決はストーカー被害相談窓口 ストーカー行為 つきまとい行為 嫌がらせ行為 ストーカー被害 つきまとい被害 嫌がらせ被害 デートDV  関係を切りたい 関係を断ちたい 縁を切りたい ストーカー被害

ストーカーや嫌がらせの解決には、「早期相談」「早期対策」はもちろんのこと、何よりもストーカー行為を今よりもさらにエスカレートさせないために「早期に解決プランを実行する」ことが重要です。
ストーカー被害相談窓口では、あなたが一日でも早く心配不安恐怖などのストレスをなくし、本来あるべく普通の生活に戻っていただけるよう最適な解決プランをご提案し、それを速やかに実行することであなたの身体と生活をお守りいたします。

ストーカー被害相談窓口では、ストーカーや嫌がらせによる悲惨な事件などが報道される度に「相談に来ていただけていれば守ることができたのに…。」、「なんとか出来なかったものか…。」と考えさせられます。

ストーカーによる被害や嫌がらせによる被害は、ことを楽観視したり、あなた一人で解決をしようとしてしまうと、あなたが思っている事と違う方向に進むことが多く、それにより相手方がさらにエスカレートするなど、最悪、ニュースになるような重大な事件に発展してしまい、非常に危険性がともないます。
相手方のことを一番よく知っているのはあなたかもしれませんが、あなたへのストーカー行為に発展している相手方は、あなたの知らない一面を見せている相手方であることをよく認識し、決して楽観視せず、また、自分一人で解決しようとせずストーカー被害相談窓口ご相談ください。

ストーカー被害相談窓口ご相談いただくことで、ストーカー行為の状況に応じた最適な解決プランをご提案し、それを実行することで、現実的に解決が図れるものと考えております。
ストーカー被害相談窓口は、ストーカー対策の専門家があなたの立場や利益生活を守りながら、解決を全力でサポートし、あなたを普通の生活に戻します。

あなたの身体と

生活を守ります。

ストーカー被害の解決はストーカー被害相談窓口 ストーカー行為 つきまとい行為 嫌がらせ行為 ストーカー被害 つきまとい被害 嫌がらせ被害 デートDV  関係を切りたい 関係を断ちたい 縁を切りたい ストーカー被害

ストーカー被害では、「相手方からの脅しや強迫」「嫌がらせ行為」「精神的な強要」「家や職場に行くなどの脅し」「日々のデートDVなどにより、あなただけで解決できる範囲を超えてしまい、あなたがだけで解決をしようとするとあなたの身に危険が生じたりと非常にリスクを伴い、サポートもなしで解決へと至るのは難しいでしょう。

ストーカー被害相談窓口では、危機管理の観点からあなたの身体や生活に危険が及ぶことのないよう、細心の注意を心掛け、解決するための基本でもある「最悪を考えて動く」「しっかりと確認と裏付け取る」「急がば回れ」を徹底しております。
「相手と直接話をするのは怖い」「もう相手方とは会いたくもない、話したくもないけれど、解決しなければならないことがある」などの場合にはあらゆる専門家の経験や知識を使い、あなたの身と生活の安全を第一に対応いたしますのでご安心ください。

解決のご相談は24時間

年中無休で対応しております

ストーカー被害 ストーカー被害の解決はストーカー被害相談窓口 男女間の金銭トラブル ストーカー行為 嫌がらせ行為 付きまとい行為 浮気調査 男女トラブル 男女問題 男女間トラブル 男女トラブル 男女間の金銭トラブル 男女トラブル 男女問題 ストーカー被害 男女間の金銭トラブル

ストーカー被害相談窓口へのご相談24時間・年中無休で対応しております。
急を要する対応を希望される方やお仕事の都合などで夜間にしか相談できない方にもご相談いただける体制を整えております。
深夜帯だからとお気になさらず、お気軽にご相談ください。

ご相談の前に必ずご確認ください。
  • ストーカー被害相談窓口では、解決プランのご提案は無料です。
    あなたの被害状況をお聞きしたうえで、解決プランのご案させていただくためご相談となります。
    したがいまして、法的解釈の見解や、私的な見解を申し上げることはできません。
    例えば「この場合法的にはどうなんですか?」、「◯◯万円を請求されたけれど、この金額は妥当ですか?」、「ちょっと教えてほしいのですが…。」「慰謝料の相場を教えてほしい」「この場合罪にあたりますか?」などのご質問につきましてはお答えできませんのであらかじめご了承ください。
  • ストーカー被害相談窓口では、親族の方以外からの代理相談(「私ではなく友人の件で相談したい」、「彼女(彼氏)の代わりに相談したい」など)は、お断りさせていただく場合がございます、予めご了承ください。
  • ストーカー被害相談窓口は日本全国に対応しております。
    ご相談はもちろんのこと、解決プランのご提案と実行、解決に伴う調査に至るまで、必要に応じてあなたの解決プランに適した専門家が日本全国対応いたします。
    あなたがお住まいの地域は一切問いませんので、お気軽にご相談ください。


お電話でのご相談

電話対応時間:24時間対応

電話はこちらへ

メールでのご相談

メール相談:24時間対応

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。


ストーカー被害の解決には

強い気持ちが大切です

ストーカー被害の解決はストーカー被害相談窓口 ストーカー行為 つきまとい行為 嫌がらせ行為 ストーカー被害 つきまとい被害 嫌がらせ被害 デートDV  関係を切りたい 関係を断ちたい 縁を切りたい ストーカー被害 ネットストーカー

ストーカー被害の解決には、当窓口の解決プランを実行することとともに、あなたの「解決したい!」という強い気持ちが大切です。
ストーカー被害を抱えている人の中には、「事を荒立てずに解決したい」「なんとか穏便に済ませたい」という考えを持たれている方もいらっしゃることでしょう。
本来あるべきはそうなのかもしれませんが、それにはストーカー行為をしている相手方も、あなたと歩み寄る姿勢を見せ、同じ考えであれば成立する事です。

今あなたのストーカー被害の状況はどうですか?相手が聞く耳を持ってくれない場合や、恨みつらみでの攻撃、逆恨みによる攻撃など、怨恨が絡んでいる場合には、あなたの穏便に済ませたいとの考えを相手方に読み取られてしまい、「足元を見られる」ことにもなり、それを逆手にとってゴネてくるような姿勢を示してきたり、のらりくらりと不誠実な対応してくるなど、なかなかストーカー被害の解決に至らないことにもなってしまいます。

当窓口では、できる限りあなたの気持ちを考慮して解決プランを実行いたしますが、相手方の対応を見て判断しますので、時には毅然な対応も必要になります。
なぜ、そのような毅然な対応が必要なのかといいますと、当窓口では、あなたのトラブルを速やかに解決することが主目的ではありますが、ストーカー被害を解決した後にも重点を置いているため、あなたの不安や恐怖を完全に解消し、ストーカー被害の解決後も後々になって仕返などをされないように手を打っておく必要もあるためです。

ストーカー被害を解決する

あなた専属のチームがいます。

ストーカー被害の解決はストーカー被害相談窓口 ストーカー行為 つきまとい行為 嫌がらせ行為 ストーカー被害 つきまとい被害 嫌がらせ被害 デートDV  関係を切りたい 関係を断ちたい 縁を切りたい ストーカー被害

法務対応部門

法律や法務の専門家が、ストーカー被害に最も適した解決プランを実行します。
民事、刑事と事件の対応は依頼人様のストーカー被害の内容や状況、相手方との関係性に応じて様々な方法がありますので、最適な解決プランをご提案いたします。

危機管理部門

依頼人様の身体的な安全確保はもちろんのこと、精神的な負担の軽減、ストーカー被害を最悪な事件に発展しないよう未然に防ぐために、依頼人様をお守りします。
DVや暴力行為弱みにつけ込んだ脅迫や恐喝強迫による金銭トラブル悪質な強請り(ゆすり)や集り(たかり)別れ際や別れた後の嫌がらせ力関係による理不尽な金品や金銭の要求義務や根拠のない脅しによる肉体関係の強要職場や周囲にバラすなどと脅して要求を通そうとする嫌がらせ行為今から家に行くなどと告知する精神的な脅し、など直接の攻撃に対してお守りします。

証拠調査部門

意外に多いのが、あなたの個人情報は知られているが、相手方の情報は少ないというケースです。
このような場合、少ない手掛かりから相手方を調べ、所在や職場を判明させ、可能な限り対等な状態で対応できるようにする必要があります。
そのために当窓口では、必要に応じた情報収集や裏付け調査を証拠調査部門にて行うことができます。
調査業務を行うためには都道府県公安委員会への届出が法律で定められており、当窓口の証拠調査部門は、法令遵守の観点から東京都公安委員会に届出を行い調査業務を行なっております

「相手に会いたくない…。」

「話したくない…。」

場合でもご安心ください。

ストーカー被害の解決はストーカー被害相談窓口 ストーカー行為 つきまとい行為 嫌がらせ行為 ストーカー被害 つきまとい被害 嫌がらせ被害 デートDV  関係を切りたい 関係を断ちたい 縁を切りたい ストーカー被害

解決しなければならないことはあるが、「なるべく相手に会いたくない…。」「直接話をするのは怖い。」場合でもご安心ください。

本来ならば、お互いでよく話し合っていただき、お互いに歩み寄って和解されるのが一番だと当窓口は考えておりますが、ストーカー被害には相手方がいることですので、必ずしもあなたの思うように進むとは限りません。
また、攻撃してくる相手方は「自分が正しい」と思い込んでいる要素が強く、お互いが譲歩してトラブルを終わらせるという考えをもってもらうのは困難と言えますので、仮にあなたがそうしたくとも相手方が威圧的な態度をとってくる、暴力を振るうなどの攻撃に出てきた場合にはどうしようもありません。
「相手に会いたくない…。」、「話したくない」場合でも対応は十分に可能ですので、無理をしてあなただけで抱えて解決しようとせず、ストーカー被害相談窓口ご相談ください。

「相手の情報が少ない…。」

でもご安心ください。

ストーカー被害の解決はストーカー被害相談窓口 ストーカー行為 つきまとい行為 嫌がらせ行為 ストーカー被害 つきまとい被害 嫌がらせ被害 デートDV  関係を切りたい 関係を断ちたい 縁を切りたい ストーカー被害

ストーカー被害には必ず相手がいますが、解決するために必ず必要となる情報は相手方の「所在地(住まい)」です。
「所在地」がわからないことには、どうすることもできません。
相手方の情報が少ない場合でもあきらめずにご相談ください。
当窓口にてお調べし、相手方の「所在地」をはじめとした身元や人間関係の背景などを判明させ、的確な対策を実行することができます。

解決には相手方の「氏名」「住所」「連絡先」は必ず必要です。


あなたのストーカー被害には

解決のプロが対応します。

ストーカー被害の解決はストーカー被害相談窓口 ストーカー行為 つきまとい行為 嫌がらせ行為 ストーカー被害 つきまとい被害 嫌がらせ被害 デートDV  関係を切りたい 関係を断ちたい 縁を切りたい ストーカー被害

ストーカー被害相談窓口にて解決のご依頼をいただいたトラブルには(1)法務のスペシャリスト(2)対話のスペシャリスト(3) 調査のスペシャリスト(4)危機管理のスペシャリストが対応いたします。
ストーカー被害の状況に応じた専門のスペシャリストがいるからこそ解決プランが実行できるのです。
もちろん、証拠調査と法務が同時に必要な場合には、各分野の専任担当者がチームとして動きます。

ストーカー被害相談窓口に相談してどんなメリットがあるの?

専門家チームがバックアップ
ストーカー被害相談窓口には、ストーカー行為・つきまとい・嫌がらせの性質や行動的・心理的分野に精通する、専門家が対応いたします。
各分野で活躍する専門家の知識や解決事例などの経験を活用することができますので、さまざまなストーカー被害の事情をしっかりと踏まえた、きめ細かで迅速な解決プランを実行することができます。

あなたのプライバシーや秘密が守られます!
各専門家のおこなう調査手続・法務手続きは、非公開で行なわれますので、あなたの秘密や個人情報をお守りすることにも徹底した配慮をし、相手方や他人に知られることなく、解決プランを実行することができます。

手続きの内容がわかります!
ストーカー被害相談窓口では、あなたにとって気になる調査や法務手続きの内容や費用などの重要なポイントを、解決プランを実行する前に必ず専門家から説明を受けることになっています。
本当に自分にとってふさわしい解決プランなのか、よく考えてからご利用することができます。


ご相談から解決までの

流れをご説明いたします。

ストーカー被害の解決はストーカー被害相談窓口 ストーカー行為 つきまとい行為 嫌がらせ行為 ストーカー被害 つきまとい被害 嫌がらせ被害 デートDV  関係を切りたい 関係を断ちたい 縁を切りたい ストーカー被害

STEP1 お電話またはメールフォームからご相談ください

まずはお電話またはメールフォームからご相談ください(ご相談日本全国対応しております)。

※毎日多数のご相談をいただいている状況により、お電話がつながりにくい場合がこざいます。その場合はメールフォーム(24時間対応)をご利用ください。

ストーカー被害の解決はストーカー被害相談窓口 ストーカー行為 つきまとい行為 嫌がらせ行為 ストーカー被害 つきまとい被害 嫌がらせ被害 デートDV  関係を切りたい 関係を断ちたい 縁を切りたい ストーカー被害

STEP2 解決方法のご提案

「現在のストーカー被害の状況」「そこに至るまでの経緯」「最終的にどうしたいと考えているのか?」など、事情をお伺いし、解決プランをご提案いたします。
解決の見通しやプランを実行する際の費用等についてもご説明いたします。
当窓口は守秘義務を徹底しておりますので、お聞きした内容やあなたの個人情報などについては、外部に漏れることはございませんので、正確かつ正直に内容を教えてください。

ストーカー被害の解決はストーカー被害相談窓口 ストーカー行為 つきまとい行為 嫌がらせ行為 ストーカー被害 つきまとい被害 嫌がらせ被害 デートDV  関係を切りたい 関係を断ちたい 縁を切りたい ストーカー被害

STEP3 手続き費用の提示と委任契約

ご提案させていただきました解決プランにご理解とご納得頂けましたら、契約となります。
費用等につきましては、事前に詳しくご説明させていただいておりますが、ご不明な点等ありましたら、その場でお気軽にご質問ください。

ストーカー被害の解決はストーカー被害相談窓口 ストーカー行為 つきまとい行為 嫌がらせ行為 ストーカー被害 つきまとい被害 嫌がらせ被害 デートDV  関係を切りたい 関係を断ちたい 縁を切りたい ストーカー被害

STEP4 手続きの着手と進捗状況等のご連絡

ストーカー被害の解決に伴い専属の専門チームを編成して解決プランを実行します。
調査など事前に相手方の確認や裏付けが必要な場合には、ある程度時間を要する場合もございますのでご理解ください。
進捗状況等につきましては、チーム担当者からご連絡させていただきます。

ストーカー被害の解決はストーカー被害相談窓口 ストーカー行為 つきまとい行為 嫌がらせ行為 ストーカー被害 つきまとい被害 嫌がらせ被害 デートDV  関係を切りたい 関係を断ちたい 縁を切りたい ストーカー被害

STEP5 ストーカー被害の解決および解決後のアフターフォロー

自分がストーカー被害に遭ってしまったという落胆する気持ちと、今まで受けた精神的な恐怖や不安は、解決したからといってすぐに拭いきれるものではありません。
ストーカー被害相談窓口では、解決後は安心して普通の生活を取り戻していただきたいと願っておりますので、解決後も担当スタッフがアフターフォローをいたします。


ストーカー被害相談窓口は

日本全国に対応しております。

北海道ブロック

北海道

東北ブロック

青森県岩手県秋田県山形県宮城県福島県

北陸ブロック

新潟県富山県石川県福井県

関東ブロック

栃木県茨城県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県

中部ブロック

長野県山梨県静岡県愛知県岐阜県三重県滋賀県

関西ブロック

京都府奈良県大阪府兵庫県和歌山県

中国ブロック

岡山県鳥取県島根県広島県山口県

四国ブロック

徳島県香川県愛媛県高知県

九州・沖縄ブロック

大分県福岡県宮崎県佐賀県長崎県熊本県鹿児島県

沖縄県

お電話でのご相談

電話対応時間:24時間対応

電話はこちらへ

メールでの相談

メール相談:24時間対応

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。